投資信託のデメリット

安定の投資術を探せ

新着情報

免責事項

投資信託のデメリット

投資信託のデメリットをここで紹介したいと思います。

1つは、プロの投資家に頼む分手数料がかかるということです。
投資家はプロなのであくまで仕事です。
ここに料金が発生するのは当たり前のお話なので、皆さんも納得できると思います。
資産を増やしてくれるわけですから、その分の報酬は払わなくてはいけませんよね。
投資信託の場合は、利益の何%が報酬というケースがほとんどです。

ここで重要なのは、元金保証ではないということ。
つまり予測が外れたとしても、預けた資産が無くなったとしても、それに関しての保証は一切ありません。
あくまで投資なので、予測を全て当たるとは言い切れません。
100%の確率で予測が当たる勝率は、この世に存在しないと思っておきましょう。
そのプロの投資家を選んだ自分が悪いということになってしまいます。

いくら投資信託と言っても、ここでもこつこつと利益を上げることをおすすめします。
よくあるパターンが、見栄をはってしまい預ける資産を多くしてしまうことです。
投資信託は少額投資の投資法ではありませんが、ここでは少額投資をおすすめします。

投資信託は基本的に1万円から取引が可能です。
そうなれば、1万円だけでも構いませんし、むしろ1万円を預けてみてから、プロの投資家を判断しても構いません。

まずは少額で投資信託を始めることをおすすめします。